DVD教材を見極めるポイント

002-20151103-123429英語教材が良い物かどうかは、ビデオDVD、英語の音楽CD、カードリーダーの3つの教材がセットになっているかどうかがポイントになります子供が英語を学ぶ上での教材としては、テキストよりも聴覚から入るCDや視覚的に入るDVD等が有効です。子供を対象とした英語教材は一般的にはそれらがセットになっています。では、<いいDVD教材を見極めるポイント>はどのような事でしょう。
1.単語と文章のバランスが良い事。
2.英語と日本語が混在していてはいけません。
3.DVD1巻に30分以上の収録があるもの。
4.そしてなにより、子供が楽しんで見る事ができるDVDになっている物です。
お姉さんがDVDに出てきた単語を、ただ日本語で解説するだけのDVDはダメです。特に子供の英語学習は、五感を養うために単語ではなく英語を文で聴く事が大事なのです。

英語と日本語を混在させてはいけない

1つのストーリーの中に英語と日本語が混在して話しているDVDもいけません。子供がそのまま覚えてしまうからです。英語と日本語の切り替えがきちんと出来ているものでなければダメです。英語の発音は「リズミカル」である事がポイントになります。お姉さんが英語を話しているだけのDVDや、ストーリー性がない物、ただ単語の練習だけをするようなDVDの場合、1回見たら飽きてしまう子供が多いでしょう。

子供が何度も見たいと思う教材

子供が何回も見たいという気持ちにさせる楽しいDVDですと、何度も見たり、聴いたりしているうちに、子供の体には自然に英語が浸透していきます。子供の英語教材を見る場合には、このような点に気を付けると失敗しません。教材の付録であるおもちゃ、ぬいぐるみ、アニメなどで選ばないようにして下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。